OpenCity
トップページ  >  グループホーム

音楽療法カノンの会  グループ

掲示板:お知らせ

[0014] 所沢市立山口小学校支援学級

9月10日(火)
所沢市立山口小学校支援学級に伺いました。
台風一過でとても気温が高くなりましたが、小学生は汗をかきながらもとっても元気に過ごしていました。
前回の7月から夏休みをはさみ、みんな覚えていてくれるかな、とちょっと心配でしたが、楽しみにしていてくれたという事でとてもうれしく思いました。

今回は音楽室にあるボンゴとコンガというかっこいい楽器をみんなで叩きました。2人ずつ前へ出てきて、自由に叩くという活動ですが、思い切りかっこよく叩いた子とちょっとドキドキしちゃった子がいましたね。少しずつ挑戦していきましょう。

            
         ボンゴ            コンガ

年間を通して合奏していく「シンコペイテッド・クロック」
この日は鈴、トライアングルを加えて最後まで通して演奏しました。
ウッドブロックの「カッコンカッコン」、
ちょっと変形の「カッコカッコ」「カッコカン」の
リズムにみんな大健闘。完璧に叩けるようになった子もいました。
テラピアトリトックというとってもいい音のする楽器も使ってみました。
       

      
      テラピアトリトック

最後に「手のひらを太陽に」を手話をつけて歌いました。
「この中に虫が3つでてくるよ。なにかわかる?」という質問に
「ミミズ!!」「アメンボ!!」はすぐ見つかりました。
「トカゲ!!」「??!!」「う~ん、色を変えてどこかに隠れているかもしれないね」
そんな会話をしていると、一人の男の子が手を挙げて「オケラ!!」と答えてくれました。
表情の表出が少なく、音楽を楽しんでくれているかな?とちょっと気になっていた男の子。
音楽を楽しみ、考え、手を上げて答えてくれました。見えている表情だけにとらわれず、その子なりの楽しみ方で楽しんでいることを学ばせてもらいました。
 

音楽療法では音楽に親しみ楽しむことはもちろんですが、楽器を扱い操作することが、日常の生活の中で道具を扱うことにつなげていけるように考えていく必要があると考えています。

2019(H31)年9月12日 22時33分
音楽療法 カノンの会
音楽療法 カノンの会