OpenCity
トップページ  >  グループホーム

音楽療法カノンの会  グループ

掲示板:お知らせ

[0017] 日本音楽療法学会学術大会 報告② 対談

9月21日(土)、22日(日)は学術大会が開催されました。

開会式に続き
講演  「音楽心理学の現在」 星野悦子氏
対談  「音楽の力」  佐渡裕氏 益子務氏
シンポジウム 「国家資格は今ー2-」
研究発表 ポスター発表
交流会

というプログラムでした。

対談の模様と感想をお伝えしようと思います。
佐渡裕氏は有名な指揮者で現在はウィーンを拠点に活躍していらっしゃいます。大学ではフルート専攻だったという事で、舞台でリーコーダーを演奏してくださいました。曲目は「タイガーマスク」!会場の中もすっかり和やかに。また、一人で2本のリコーダーを同時に演奏したり、最後にはフルートも吹いてくださいました。会場で生で聴けたのは貴重な体験です。
 

お話の中で「スーパーキッズ・オーケストラ」の紹介がありました。全国の小学生から高校生までをオーディションで選抜し、結成されたオーケストラです。毎年夏休みに佐渡氏が帰国し、被災地への演奏活動を行っているという事でした。大きな舞台が用意されているわけではなく、学校の体育館や公民館、また、被災された浜辺などで1日に何か所も回るそうです。大変地道な活動です、とおっしゃっていました。

その演奏の映像が流れましたが、若々しくフレッシュで力強い演奏、音で何かを伝えようとする
表情や音色に聞いている私たちも心震えるものがありました。きっと被災地の方々にも伝わっている、と心から思いました。まさに「音楽の力」です。

自分にはどれくらいできているだろうか?
この対談を聞いて振り返る機会をいただきました。

 

 

2019(H31)年9月30日 7時6分
音楽療法 カノンの会
音楽療法 カノンの会