笛吹市市民活動支援サイト - 日本一の桃とぶどうと清流の郷

甲斐路の辻

MENU > 甲斐路の辻

古墳時代~武田信虎(信玄の父)がつつじが崎(現武田神社)に館を移すまでの約千年間、 甲斐国の政治的中心地だったことを”甲斐国千年の都:笛吹市”と標榜しています。 その時代の官道(都からの正式ルート)である甲斐路[御坂路・鎌倉街道]に通じる辻や小道には、 史跡はもちろん古い民衆文化の名残など見所がいっぱい。
 東京から一時間。桃花の季節だけでなく四季折々、日本の原風景を散策しに来てください。


     
一ノ宮

市之蔵

金沢

神沢・地蔵堂

狐新居
     
国分寺

塩田

下矢作・小城

北都塚

末木

千米寺

竹原田
     
田中

土塚・新巻

坪井

東新居

東原

本都塚・金田
 

 

戻る>