笛吹市市民活動支援サイト - 日本一の桃とぶどうと清流の郷
トップページ  >  グループホーム

市民活動支援担当  グループ

掲示板:お知らせ

[0185] 彩の会 【活動取材】

今回は、御坂町を拠点に活動している 『彩の会』 さんを取材してきました☆

     

      

◎ 団体名: 彩の会

◎ 活動日: 第1・3火曜日 10:00~11:30

◎ 活動内容: 花など様々なものを描画している。また、年に2回は実際に
          外に出て風景画を描くといった野外活動も行っている。
       
       
◎ 所属人数: 7名

◎ 活動年数: 4年目

         

 この日はメンバーの方から「花を描きたい」というリクエストがあり、皆で持ち寄った花を生けた花瓶を色んな角度から見て、自分の好きな部分を描くという初の試みが行われました!

「花が生けられた花瓶だけではなく、花瓶の周りに動きや影を付けたほうが良い」という先生のアドバイスを参考に花瓶の周りに花を置いたり、レースやチェック柄の敷物を敷いたりと試行錯誤しながら動きを付けていました。

        






そして、それぞれ色んな角度から対象物を見て、自分の好きな所を鉛筆で下書きしていきます。

        

        

        



活動中は黙々と作業に取り組むのではなく、「メンバー同士で話をしたり、他のメンバーがどんな絵を描いているか室内を自由に歩きまわったり、楽しく活動をしてもらいたい」という先生の想いどおり、下書きをしながら話をしたり、メンバーの作品をのぞいたり、先生に助言を求めたりと、とても良い雰囲気で活動が行われていました。

        





鉛筆での下書きが終わると『透明水彩絵の具』や『水彩色えんぴつ』、『パステル』といった画材の中から好みのもので色を付けていきます。
また、完成まで辿り付けなかった作品については、各自で次回の活動日までに仕上げてくるそうです。

        

        



メンバーの方によると絵を描くことの魅力は、「無心になれるところ」や「絵を鑑賞する側、描く側のどちらにしても心が落ち着くところ」だそうです。
また、「風景画を上手く描くことを目標に今後も活動を続けていきたい」と話してくださいました。



今回、取材をさせていただいて一人ひとりの個性が作品に表れていた点に面白さを感じました。
取材にご協力いただきました彩の会の皆様、ありがとうございました。
 



*******************************************

            ~ 展示会のお知らせ ~  
*彩の会の講師である、白須先生の作品も展示されるそうです!

*******************************************

2019(H31)年3月15日 0時0分
サイト運営管理者 (市民活動支援担当)
サイト運営管理者 (市民活動支援担当)