OpenCity
トップページ  >  グループホーム

市民生活担当  グループ

掲示板:お知らせ

<< 前のスレッドへ     次のスレッドへ >>
[0005] 笛吹市消費生活センターからのお知らせ

このところ大手電力会社を名乗ったり、関連会社を装って「電気代が安くなるという電話勧誘があった」との相談が寄せられています。

電力自由化により新規電力会社が様々なプランを案内しています。企業努力によって低価格での提供も可能になった反面、数年契約のため更新月以外の期間で解約すると違約金が発生することもあります。
その他にも無料で提供されていたオプションに実は期限があり、その後は有料になってしまうケースや、電気料に事務手数料が上乗せされていて説明どおりの安さではなかったなど、契約後にトラブルになるケースもあります。

また電話でのやり取りのため適切な説明はあったのか、あったとしても理解して了承したのか。
他社の電力会社の社名が入った書面が送付されて、初めて大手電力会社ではないと分かったというケースもあります。

訪問販売や電話勧誘をする事業者は、勧誘時に社名・氏名・勧誘の目的を開口一番に伝えなければならないことになっています。今回のケースは開口一番に大手電力会社の社名を出し、消費者に大手電力会社だと誤認(思い込ませ)させ、新たな契約をさせる手口です。

名乗らずにセールストークが始まってしまった場合は会社名・氏名・勧誘の目的を聞き出し、興味が無ければ手短に切りましょう。

承諾をしたとしても書面が到着した日を起算して8日以内にクーリング・オフ通知を出せば、契約は解除することができます。


不明な点がありましたら、下記までご相談ください。

◎笛吹市消費生活センター    TEL:055-261-0324
  午前9時~正午、午後1時~4時(土日・祝日・12月29日~1月3日を除く)
 ※ 水曜日は相談の受付のみになります。

◎経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会 相談窓口  TEL:03-3501-5725

 

 

2018(H30)年5月7日 11時0分
サイト運営管理者 (市民活動支援担当)
サイト運営管理者 (市民活動支援担当)