• home
  • use registration

利用登録

横浜市市民活動支援センターでは、さまざまな市民活動情報の提供、会議室等活動拠点としての場の提供、 市民活動に関する講座・研修等の開催、印刷機・コピー機・ロッカーなどの貸出しをしています。
当センターを利用される場合は利用登録が必要となる場合があります。

どなたでも利用できます。 利用登録が必要となります。
4階 ミーティングコーナー 4階

ディスカッションルーム
セミナールーム 1,2

5階

ミーティングコーナー・相談コーナー
パソコンコーナー
コピー機・紙折機・丁合機
チラシ・市民活動情報コーナー

5階

印刷機
展示コーナー
貸ロッカー・貸レターケース

利用登録手続きについて

1 個人・団体の活動内容について、スタッフがお話をうかがった上で、下記の活動基準に合致するかどうかを確認します。活動の目的や内容の分かる会則(定款や規約等)や資料またはチラシ・パンフレットなどもお持ちください。

2 スタッフにより利用登録基準に合致することが概ね確認された団体あるいは個人の方は、「利用登録申込書」に必要事項を記入の上提出してください。

3 審査のうえ承認された団体の方は、「登録済書」と「施設利用申込書」をお渡しします。なお、承認の可否には、約5日から10日の期間を要します。
※ すでに登録を済ませた団体等で、登録内容に変更が生じた場合は、できるだけ早く「変更届」を提出してください。

利用登録基準

横浜市市民活動支援センターの利用は「横浜市市民活動推進条例」で規定されている「市民活動」の定義のもとに、活動の趣旨や内容によって利用登録ができます。
利用できる方の活動内容は

非営利性・自主性・公益性・属市域性

であること。また、非公益的な活動であっても、将来的に公益的な活動に発展すると期待される団体も含まれます。次の要件を全て満たした団体・個人の活動について利用登録することができます。

非営利性

営利目的としていない活動であること

自主性

自らの意思で主体的に行う活動であること。

公益性

不特定多数の利益の増進に寄与することを目的とした活動であること。
※ 趣味・娯楽・スポーツ・レクリエーションなどの活動でも、対象を広げたり、不特定多数の参加を受入れる場合は、公益性があると判断し、利用可能とします。
※ 構成員の親睦や共益・互助のために行われる団体や個人の場合は、通常利用できませんが、会員以外の不特定多数の参加を呼びかけるような活動を目的とする場合は、公益性があると判断し、利用可能とします。

属市域性

主に横浜の地域の活動であること。
※ 全国的な組織や市外に活動拠点を設けている場合は、構成員の多数が横浜市民または、在勤者在学者である場合は、属市域性にかかわらず、利用可能とします。今後横浜を中心に活動を展開しようとしている場合は、属市域性にかかわらず、利用可能とします。

ただし、宗教活動、政治活動、選挙活動、公益を害するおそれのあるものの活動は除きます。 なお、利用登録されていても、上記の利用登録基準に合致しない活動については、支援センターを利用することはできません。

※詳しくは当センターにお問い合わせください。
横浜市市民活動支援センターは、認定NPO法人市民セクターよこはまが横浜市から協働事業として運営しています。
Copyright© YOKOHAMA CITIZENS EMPOWERMENT CENTER ,ALL RIGHTS RESERVED.