市民の力や思いをかたちにするパートナー 文字縮小 標準 文字拡大

掲示板:助成金情報 ※ファンドレイジングセミナー情報も

[0284] 【応募締切:3月30日(金)】第30回 NHK厚生文化事業団 地域福祉を支援する「わかば基金」
次の3つの方法で、ボランティアグループやNPOの活動を応援します
1.支援金部門
2.リサイクルパソコン部門
3.災害復興支援部門

<応募締切>
平成30年3月30日(金)
 
<対象者>
地域に根ざした福祉活動を行っているグループ
任意のボランティアグループまたはNPO法人
 
<助成額と対象>
支援金部門
●国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、この支援金でより活動を広げたいというグループ
●1グループにつき、最高100万円
●10グループほどを予定
 
【対象となる活動(例)】
・地域の高齢者や障害者、生活困窮者などの日常生活を支援したり、さまざまなサービスを提供している。(在宅か施設かは問いません)
・障害者の社会参加や就労の場づくりの促進、またその活動の支援にあたっている。
・文化・芸術活動などを通じて、障害や年齢の枠をこえた交流や相互理解をはかっている。
 
リサイクルパソコン部門
●パソコンを利用して地域で活発な福祉活動に取り組んでおり、台数を増やすことで、より高齢者や障害者に役立ち、活動の充実を図れるグループ
●1グループにつき、3台まで
●総数50台ほどを支援予定
 
【対象となる活動(例)】
・地域の高齢者や障害者、生活困窮者などへパソコン指導のサービスを提供している。(在宅か施設かは問いません)
・障害者の社会参加や就労の場づくりの促進、またその活動の支援にあたっている。
・要約筆記や字幕、音声や点字などでの情報保障。
・福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の福祉活動の向上につとめている。
 
災害復興支援部門
●東日本大震災以降に激甚災害指定を受けた災害の被災地域に活動拠点があり、その地域の復旧・復興をすすめているグループ
●被災地に必要な新たな福祉事業を展開したい、と考えているグループ
●1グループにつき、最高100万円
●5グループほどを予定
 
【対象となる活動(例)】
・被災地域で暮らす高齢者や障害者、生活困窮者などの日常生活を支援したり、さまざまなサービスを提供している。(在宅か施設かは問いません)
・新たな事業を展開するために必要な物品をそろえたい。
・福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の生活再建・福祉向上につとめている。
 
<問合せ先>
NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
 
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
電話.03-3476-5955
E-MAIL: info(a)npwo.or.jp
メールを送信する際は、(a)を@に変換してお送りください。
 
*助成金に関する詳しい内容、申請書類等は下記WEBサイトをご確認ください。
2018(H30)年2月2日 17時5分
運営 管理者

横浜市市民活動支援センターは、認定NPO法人市民セクターよこはまが横浜市から協働事業として運営しています。
Copyright© YOKOHAMA CITIZENS EMPOWERMENT CENTER ,ALL RIGHTS RESERVED.