音楽療法とは?

  音楽療法とは、音楽療法士が音楽の持つ力を使い、心身を健康に導き
                               よりよい生活ができるようにアプローチする療法です。

音楽は目に見えず時間の流れとともに消えてしまう抽象的なものですが、そこには大きな力があり、素晴らしい働きがあります。 音楽を計画的にそして積極的に用いることで、楽しみながら、「心身の障がいの回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容(日本音楽療法学会HPより)」など広く社会に貢献することを目的としています。

音楽療法は、赤ちゃんから高齢の方まで、また障がいをお持ちの方、認知症の方、ケアする方もされる方も誰でも受けることが出来ます。お元気な方でも、音楽によってリラックスしたり、癒されたりすることは多く、時には音楽によって慰められたいと思うことは誰にでもあることです。 音楽は言葉のいらないコミュニケーション手段であり、参加した方が楽しみながら取り組めることが魅力となっています。参加者が主体の能動的な活動もあり、聴いて楽しめる受動的な活動もあります。

参照 日本音楽療法学会 ホームページ http://www.jmta.jp/